2021 年 7 月 日本への一時帰国 その 2 入国まで

2021 年 7 月に日本へ一時帰国したときの覚書その 2 です。今回は羽田空港到着から隔離場所へ向かうバスまでです。空港内の写真撮影は不可でしたので、言葉だけでの説明になります。

●午後 2 時 15 分頃 到着
羽田空港に定刻より少し早く到着しました。飛行機の中で 10 分ほど待機し、アナウンスが入り前の席に座っている人から順に降りていきました。

*もし余裕があれば、このとき、もしくは空港内に入ってすぐにメールが受け取れるように設定しておきましょう。後述⑤アプリ確認のときに自分のメールアドレスにメールが送られ、係員の方と一緒に確認することができます。

●午後 2 時 30 分頃~
飛行機を降りると、「一般」と「オリンピック関係者」に通路が用意されていました。通路に沿って歩いていった順に行ったことを羅列していきます。

① 質問 web 実施済みの確認
その 1 の③に書いた質問 web を 実施済みかどうかの確認 がありました。私は誤って 2 回も実施していたので、大丈夫か尋ねたら「2 回目のを見せればいいですよ」ということでした。実際にこの結果を確認する場所はもっと後の⑥の部分になります。

② PCR 検査結果用紙の提出
ヒースローで取得した検査用紙を渡します。政府指定の書式だったので質問も一切なくすぐに終了。飛行機のチケットも確認されたような気もします。

③ 誓約書の確認
誓約書を係員の方に渡します。どこの国から来たか確認をされ、「イギリス」と用紙上部に記載され、また返してもらいます。提出する場所はもっと後の⑦の部分になります。

④ PCR検査のブース
唾液を試験管の中に入れるのですが、なかなか唾液が出ず、結構長時間、私はそこにいました。壁にレモンと梅干の写真が貼ってありました(笑)。

⑤ アプリ確認
があります。 主に「その 1 の②アプリ」で紹介した My SOS の使い方を教えてもらいます。と同時に、アプリと誓約書に記載されたメールアドレス宛に Haneko Sundra という差出人名でメールが送られたので、それを担当の方と一緒に確認しました。
ここでは、アプリを入れていない、もしくはメールが受け取れないという方はかなり時間を要します。

⑥ 質問 web 確認     ⑦ 誓約書の提出
に進みます。web 確認はQRコードを読み取り、内容を確認してもらいます。誓約書は提出してOKです。

その後、ようやく待合室に通されて、ちょっとリラックスタイムになります。ここまで 2 時間弱。帰国する前にネットで調べていたら、長時間かかった、だらだらひたすら歩き回った、提出物やアプリの確認が一気にできないの?無駄な時間だった、という感想などがあり、結構ネガティブなコメントが多かったので、長時間かかることを覚悟していましたが、想像していたより短く、また、特に滞ることもないためあっという間に感じました。

待合室では PCR 検査の結果を待ちます。1 時間弱で番号が呼ばれてその結果を聞きに行きました。陰性を確認したら、次は 15 人前後のグループにわかれます。この後はこのグループで入国審査、荷物の受け取り、検疫検査に進みます。

⑧ 入国審査と荷物の受け取り
通常と変わりありません。自動化されているので、スムーズにいきます。そして、荷物の受け取りですが、すでにターンテーブルからスーツケースが下ろされていますので、自分の物を見つけてください。

⑨ 検疫
ここが一番時間かかったように感じました。「なぜこんなに時間かかる?」という疑問場所でした。というのは、10 か所ほど検疫検査のブースは空いているし、そこに立って何もしていない検疫官もいるのに、私たちのグループが使えたのは 1 か所のみでした。おまけに一人に当てる時間が通常よりも長く、なぜ他の検疫官はやってくれないの?と疑問が。なので、自分の番の時に聞いてみたら「厚生労働省からの達しで、一人で対応するように」とのことでした。他の国からの接触を最小限にするためかしら?なんて私は考えたのですが、どうでしょう?

この後、晴れて羽田空港の到着ロビーに出られます!が、勝手に移動はできず、みんなと一緒に行動。ただし、4,5 人集まったらバス乗り場へ移動でした。おひとり、本帰国の方がいたのですが、その方は荷物が多かったので、宅急便を出しに行かれました。聞いた話では宅急便は送れないということでしたが、さすがに本帰国の方の荷物の量は半端ではないので特例でしょうね。

⑩ バス
検疫が終わるとようやく入国です。バス乗り場まで担当の方が誘導してくださって、バスに乗り込みます。既に何人も乗っていたので、私たちのグループが乗り込むと同時に出発でした。ようやくバスでアナウンスが入り、宿泊ホテルを告げられます!

(私はスーツケースを取るときに担当の方に聞いたので「ホテル名」は聞いていましたが、どの場所になるかは不明でしたので、バスの中で「あぁ、あそこに行くのね」と分かった次第です。)

午後 5 時半くらいでした。飛行機が到着して 3 時間くらいですかね?

次回はホテルと隔離生活です。

【カテゴリ:他にも伝えたいことはいっぱいあります】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください