Parents evening, consultation:保護者会

1学期に一度、Parents evening (ペアレンツ・イブニング) または
Parents consultation (ペアレンツ・コンサルテーション) =保護者会があります。
時期は大抵、ハーフターム 前後に行われます。
このペアレンツ・イブニングが行われる数週間前に、学校から手紙が渡され、希望する日時を書き込むようになっています。授業後の夕方~この保護者会が行われるので ペアレンツ・イブニング なんですね。
日本と違うのは、「わざわざ保護者会のために学校を半日で終わって、子どもを返す」なんてことはない、ということ。きちんと通常通り授業を行って、授業後に行われるのです。お仕事をしている両親も多いので、夜8時ごろまで希望時間を選ぶこともできますので、夫婦で参加することも可能です。もし、どうしても参加できないようでしたら、先生にその旨を伝えて、改めて先生とご両親の都合のいい日時を予約をするようにしましょう。
ペアレンツ・イブニングでは学校での様子、授業での様子を先生から聞くチャンスです。
先生の方からは普段の様子や授業の理解度、そしてリーディングやライティングの成績など、お話しされることと思います。もし、不安なことや聞きたいことがあれば、どんどん聞いてください。
日本では遠慮して聞けない・・・というお母さんも多いのですが、イギリスでは自分が知ろうとしない限り、情報は入ってきません。こんなこと聞いたら失礼かな?と思っても、お子さんの事でしたら、先生もきっと親身になって聞いてくれると思います。
英語に自信がない場合は、予め、学校に頼んで通訳をつけてもらえるか聞くのもいいでしょう。通訳が無理ならば、聞きたいことを紙に箇条書きにして、先生に読んでもらってもいいと思います。
ただし、一つ避けてほしいことは、もし同じ学校に違う日本人のお子さんが通っているとしたら、その親御さんに通訳をお願いするということです。もちろん、好意でしていただけるならありがたいのですが、どうしても成績のことなどプライベートなことにも触れることになるので、なるべくならお互い遠慮したほうがいいかと思います。

【全記事】ナビゲーション
【カテゴリ:一年の流れと年間行事】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top