INSET DAY

新年明けましておめでとうございます。新学期が始まりました。イギリスでは1月~イースターまでの期間を Spring term と言い、多くの公立の学校は1月3日、または4日から新学期が始まったことと思います。
さて、学校の行事予定表を見ると、学期の初め、または終わりに INSET DAY という日があるのを見たことある人も多いのではないでしょうか。
この inset day (IN-Service Training Day) は、「現職の研修日」と訳され、年間、5日間あります。この日は、授業はお休みで、先生たちが研修を受けるのです。長期休みの前後にくっつけてくれるので、子どもたちはお休みが長くなり、ラッキーですね。
日本では夏休みに現職研修日を取ることが多いのですが、イギリスではわざわざ夏休みには研修日を取りません。休みは休みですものね。

【全記事】ナビゲーション
【カテゴリ:一年の流れと年間行事】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください