終業式

ほとんどのイギリスの公立学校では昨日で今学期が終了しました。
この日、日本では終業式を行いますよね。体育館で校長先生の話を聞き、教室に戻って冬休みの生活について先生から話を聞いて通知表をもらい、下校、という感じだと思います。私が日本の小学校で勤めていた時は、10時半ごろには一斉下校していたような気がします。
ところが、イギリスでは、最終日まで通常通りの一日です。さすがにびっちり授業を行う、というところは少ないですが、私が週に1回行っている学校では、午前中は授業がありました(午後はパーティーを行いましたが)。
大抵はパーティーをしたり、踊ったり (ディスコ)、 ゲームをしたり、遊んだり・・・そんな感じで一日を過ごして、通常通りの下校。学校によってはクリスマスのキャンドルサービスを行ったり、1時間ほど早く下校したりするところもあります。通知表もないので、みんなリラックスした雰囲気で今年最後の登校日を楽しみます。
また、私服登校になるところも多いですね。思い切りパーティードレスで来る子もいますし、普段の格好で来る子もいます。中に親御さんがすっかり忘れていて制服で登校する子もいますので、学校からの手紙には注意して目を通してください。

ナティビティ
Year2 の子が演じるNativity を観劇しました。

新学期は1月3日または4日から。冬休みの間は宿題は出ませんので、みんなゆったりとクリスマスを家族で楽しみます。

【カテゴリ:一年の流れと年間行事】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top