掛け算: Year 1 (5-6歳児)

掛け算は Year2 (6-7歳児) から学習します。日本よりも1年早く学習することになります。
ただ、かけ算の概念自体は Year1 から出てきますので、まずはそこから見ていくことにします。
(1) Counting 2’s, 5’s, 10’s (2ずつ、5ずつ、10ずつ数えること)
日本でも1年生で勉強しますが、counting 2’s というのは、
2, 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 18, 20 ・・・ と 2ずつ数えていくこと、
counting 5’s は
5, 10, 15, 20, 25, 30, 35, 40 ・・・
counting 10’s は
10 ,20, 30, 40, 50, 60, 70 ・・・
と数えていくことです。
これが2の段、5の段、10の段のかけ算のもととなります。
(2) Doubling (ダブリング)
字のごとく、double: 倍 にすることです。
Year 1 では
Double 1= 2
Double 2= 4
   ・
   ・
   ・
Double 10=20
まで紹介されます。
*この doubling の反対が halvinghalf つまり半分にすることもあわせて学習します。これは割り算の基礎概念ですね。

【全記事】ナビゲーション
【カテゴリ:計算】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top