【オンライン】 JP 総合トレ フィードバック

トレーニングの受講お疲れさまでした。本当の学びはここから始まります。受講者専用ページも使いながら、今から約 1 ヶ月かけてトレーニングで学んだことを理解・定着させた後、さらにその後も生徒さんたちを相手に実践を通じてより深く指導方法を学んでいっていただけたらと思います。節目ごとに再受講いただけると嬉しいです。

でもその前に、以下の 8 項目のフィードバックをお願いいたします。文章で書く部分が結構多いので、ある程度時間をとってオフラインでまとめてから、コピペして送信すると良いかもしれません。

【重要】
質問を記入しないでください。返信できません。
(詳しくは当ページ最下部参照)
毎回 1 名程度、読まないでご質問をご記入される方がいらっしゃいます。ご注意ください。

    【ご自身について】
    1) 受講者名と郵送先住所を教えてください。
    ※受講者名は日本語でも英語でも、お名前が確認できれば問題ありません。


    ※今回は日本の郵便局からの発送となりますので、日本語表記でご記入ください。郵送物が不要な場合には 必須項目(住所 1 行目と郵便番号欄)に住所以外のものを記入してください。

    郵便番号(必須)
    Postcode
    住所 1 行目(必須)
    Address Line 1
    住所 2 行目
    Address Line 2
    住所 3 行目
    Address Line 3

    2) Part 2&3 受講時に「はじめてのジョリーフォニックス 2」をお持ちでしたか?
    ティーチャーズブック 2・ステューデントブック 2 ともに持っていたティーチャーズブック 2 のみ持っていたステューデントブック 2 のみ持っていたどちらも持っていなかった
    3) Part 2&3 受講前に「追加資料 3」をダウンロードして「42 音と基本の綴り」の指導の練習を行いましたか?
    ダウンロードして、指導の練習も行ったダウンロードしたが、指導の練習はしなかったダウンロードしなかったが、指導の練習は行ったダウンロードもせず、指導の練習も行わなかった
    4) 申込時にご自身で設定し、Part 1 終了後のフィードバックで見直しを行った「受講終了までに達成したい目標」を達成するための行動はとれましたか?また、目標は達成できましたか?それぞれ一番近いものを選択してください。
    目標の達成に向けた行動
    目標を意識しながら受講し、またその達成に向けて必要な予習復習時間を作って学ぶことができた目標を意識しながら受講できたが、その達成に必要な予習復習時間を十分に作ることができなかった目標を意識することなく受講してしまった
    目標達成について
    目標は達成できた目標の達成には至らなかった現時点ではわからない(受講終了時までに達成できる目標ではなかった)
    【受講後のまとめ】
    ※前回のフィードバック同様、この 5)~7) の項目はトレーニングのレジュメを作成する場ではありません。そうではなく「ご自身がこのトレーニングから何を得たのか」に焦点を絞って、読書後に読書感想文を書くようなイメージでまとめてください。
    5)『同音異綴り・ひっかけ単語の指導方法』『Decodable Books』について気付いたり学んだりした点(再受講の場合は新たに気付いたり学んだりした点)やご感想などまとめてください。
    ※ひらがなを 1 文字以上含めてください。
    この項目はご自身のために行うもので、山下桂世子に何かを伝える項目ではありません。忘れないよう、しっかりと思い出しながらまとめてください。
    6) 今回、指導者視点・学習者視点で『デモレッスン』を行っていただきました。それらを通じて何を学べたか、ご感想や気付いた点などをまとめてください。
    準備時間があまりない状況、慣れない手順、対面でない環境、見慣れないチェックポイントなどなど、指導者・学習者にとってさまざまな難しさのある状況でのレッスンだったはずですが、だからこそいろいろと学べた部分や気付いた部分があったと思います。多くの失敗や難しさや新たな気付きを体験から学んだいただけたかなと思っています。このフィードバックで更にしっかりと振り返ることで、より深い学びへとつなげていってください。
    ※ひらがなを 1 文字以上含めてください。
    この項目はご自身のために行うもので、山下桂世子に何かを伝える項目ではありません。忘れないよう、しっかりと思い出しながらまとめてください。
    7) トレーニング Part 1 では Alien Words を使って、また Part 3 では疑似体験を通じて、さまざまな読み書きの困難さを少しだけ体験いただきました。それらを通じて『支援』について思ったこと(どんな小さなことでも構いません!)をまとめてください。
    ※ひらがなを 1 文字以上含めてください。
    この項目はご自身のために行うもので、山下桂世子に何かを伝える項目ではありません。忘れないよう、しっかりと思い出しながらまとめてください。
    【トレーニングの感想や振り返りなど】
    8) 最後に、今回の一連のトレーニングで気付いたこと、勉強になったこと、一番印象に残ったこと、もっと知りたかったこと、山下桂世子に伝えたいこと、ポータルを使い込めたか、自分の学びのために積極的に時間を作り出せたか、再受講の方は再受講の意義があったかどうか、ポータルに追加してほしい情報などなどどんな小さなことでも構いませんのでご意見やご感想をたくさん教えてください!ただし、トレーニング開催の時間帯や価格設定については書かないでください。
    はじめてのジョリーフォニックスや Jolly Phonics や教科書などの各種書籍についての改善要望、またジョリーグラマーの日本語化などについては、ぜひ各自ご自身で各出版社に伝えてください。著者には内容を勝手に変えたり新たな書籍を出版する権限はありませんし、みなさまの声が大量に出版社に直接届き続かない限り何も変わっていきません。この点については詳しくは受講者用ポータルの追加情報にも書いてありますので確認してくださいね。
    ※ひらがなを 1 文字以上含めてください。
    以下の内容を確認して「送る」ボタンを押してください。送信ボタンを押した後、・・・
    内容の確認メールはみなさんには届きません 。ここでご入力いただいた内容を送信前に保管しておきたい場合には、送信ボタンを押す前にブラウザの印刷ボタンなどで保存しておくようお願いいたします。
    画面が切り替わったら完了です。切り替わった画面に表示されている通り、そのまま画面を閉じてください。フィードバック送信後、最長でも 12 時間以内に受講者用ポータル上部の【お申込み対応状況】に結果が反映されます。(不定期更新)
    ●処理中の間は「送る」ボタンの横にくるくる回る画像が表示されます。あまりに長い時間そのままになっているようでしたら、送信を中止し、欄外下部の方法でご連絡ください。
    ●「送る」ボタンの横にくるくる回る画像が表示されていないのに画面が切り替わらない場合、入力項目になんらかのエラーメッセージが表示されていることがあります。項目の下に赤字で表示されている部分がないかご確認の上、ご訂正ください。(禁止ワードが含まれている場合など、フォームでのご送信ができない場合には、欄外下部の方法でご連絡ください。)


    【フォームから送信できない場合】
    フォームから送信ができない場合には、入力後にその内容を

    ●スクリーンショットで写真に撮る

    ●PDF に出力・保存する

    などした上で、それらを添付資料として山下桂世子(info@kayokoyamashita.com)までメールにてお送りください。送信前に、ご自身でその内容が読めるかどうか(小さすぎないか、ボケてないか、切れてないか)を確認してから送るようにしてください。


    【受講内容に関するご質問は】

    今回のトレーニングの内容に関するご質問がでてきた場合には、フィードバック送信後に送られる「受講後のお知らせ」にご質問方法などが記載されていますので、そちらをご利用ください。