プリスクール校長。小学生と特別支援個別レッスンの指導担当。(プリスクールと幼稚園生にはネイティブが指導)
東京都東京都東京都杉並区
指導形態:教室
特別な支援:経験多数
JP 指導歴:2016 年から開始
トレーニング
受講回数:
JP7+JG13JG22
(+JP 部分受講 3 回)
詳細画面で:自己紹介 教室紹介 JP やトレーニングの感想をご覧ください。

お問い合わせは榛谷先生のウェブサイトから2016/07/07 登録 2020/02/16 最終更新

自己紹介
教室紹介

20 年以上、日本人の英語学習者や発達障害枠の外国人を対象に、1 歳から大人まで幅広い指導経験があります。

1998 年スタートの JUN International Preschool の校長を務めるかたわらで、臨床発達心理士特別支援教育士の資格を取得し、東京都の公立小・中・高校・特別支援学校の巡回相談心理士として積極的に活動中です。外国人の保護者への英語でのカウンセリング、外国人の子供や生徒に対する英語での療育の実績があります。

2018 年から発達障害やギフテッドの生徒のための「インディゴスタディスクエア」を立ち上げたのをきっかけに、小学校高学年、中高生、大人の英語指導のニーズにも、対応しています。インディゴスタディスクエアは、東京都杉並区の委託事業者です。発達障害の診断のある小学1~3年生で基準を満たす方は、杉並区の助成金で授業が受けられます。プリスクールに常駐のネイティブの講師と共同しての英語の読み書き指導、発話、発信力の強化には、定評があります。

20 年以上、日本人の英語学習者や発達障害枠の外国人を対象に、1 歳から大人まで幅広い指導経験があります。

また、私自身も大学時代に、学びの個別最適化(子ども一人一人にあった学習の方法、学習スタイル)と公教育制度のありかたについて考えていました。今は、星槎大学にて、文部科学省履修証明プログラムの一つである「支援教育専門士」の単位を取得し、特に LD についての学びを深めています。

JUN International Preschool では、プリスクールと幼稚園児童は校長のスーパバイズのもとでネイティブ講師が Jolly Phonics を指導する一方、小学生のグループレッスンでは中学英語や英検受験指導も視野に入れて校長自らが指導にあたっています。通常の 1 歳児からのクラス、幼稚園児クラス、小学生クラスのほかに、春、夏、冬休みのエクストラコースも開催しています。

詳しくはホームページ(https://jun-i-preschool.com/)でご確認ください。

特別支援の個別レッスンは、主に、Jolly Phonicsの読み書き指導をしています。中学に入る前に、フォニックス基本42音、同音異綴り、ひっかけ単語を学習する場合が多いです。特に、読み書き障害のある生徒、ワーキングメモリーの低い生徒は、中学校の授業内容を先取りで、小学校のうちに文法も指導しています。中学校の教科書の単語や文法が、学ぶ生徒のスタイルで覚えられるように、手作りのオリジナルの教材も使用しています。また、保護者がフォニックスを学びたい場合は、保護者も同席でレッスンを行っています。インディゴスタディスクエアの保護者には、家庭で何をしたらよいのか?保護者の家庭での困り感へのアドバイスを、レッスンとセットで定期的に行っています。

詳しくはホームページ(https://indigo-study-square.com/)でご確認ください。


JP やトレーニングの感想

長年、ネイティブの子供用教材や自作のオリジナル教材で、子供たちに指導にあたっていましたが、使いやすいものが無く悶々としていました。そんな中、2015 年、Jolly phonics と山下先生に、出会ってしまいました!多感覚という特別支援には欠かせない観点と、山下先生の人柄にほれ込んでしまい、さっそく教室に Jolly phonics を取り入れました。

幼稚園児がきれいな発音で、英語の単語まで読めてしまうことに、保護者も喜んでいます。インターネットを使う Jolly Phonics の音声やテキストの概要などが簡単に検索できることから、家庭で復習もでき、子供たちは上達が本当に早いです。インディゴスタディスクエアの生徒の一人は、自分で Jolly Phonics の教材を手作りして、レッスンに毎回持ってきてくれています。

山下先生のトレーニングもリピーター大歓迎というのが、嬉しいです。指導者の私がスキルアップして、教室の子供たちに還元できるように、頑張りたいと思っています。参加者の先生方と情報交換兼飲み会が開催されるのも、山下セミナーの醍醐味です!

▼次のトレーニングを受講しました▼
JP7+JG13JG22
(+JP 部分受講 3 回)

先生へのコンタクト

アイコンをクリックして先生のホームページの「お問い合わせ」ページからご連絡ください!