山下桂世子の『ジョリーフォニックス総合トレーニング』は

(2017 年 10 月時点)

 

こんな感じのトレーニングです!

山下桂世子の「ジョリーフォニックス総合トレーニング」は、

●初めての方からベテランの方まで
●英語が苦手な方から得意な方まで
●極力英語を避けてきた方から英語にどっぷり浸かった方まで
●フォニックスって何?という方からすぐにジョリーフォニックスで教えてみたいという方まで
●高校生の方から還暦をかなり過ぎた方まで
●趣味で学ぶ方から公教育で教える先生まで

いろいろな方にご参加いただいていますが、みなさん

「すごく分かりやすかった」
「目からうろこがボロボロ!」
「楽しかった!」
「感動しました」
「2 日間があっという間!」
「こんな教え方、子供の頃に受けたかった!」
「参加して本当に良かった」
「すぐ教えてみたい」
「このトレーニングは何度も参加したくなります」

などとおっしゃっていただいています。

英語話者にも非英語話者にも、子どもにも大人にも、学習障害を持つ人にも持たない人にも、個人にもグループにも公立の小学校のクラスにも、さまざまな生徒さんたちへの 15 年以上のジョリーフォニックスの指導経験を元に、また納得いかない点や理解できない点はとことんまでジョリーフォニックスの著者自身や出版社の社長、それから他のトレーナーや先生方にも話を聞き、理解を深めながら、そこで得た知見をトレーニングでみなさんにお渡しできればと思っています。といっても「Jolly」ですから、やっぱり楽しくなくちゃ!

山下桂世子の「ジョリーフォニックス総合トレーニング」は Part 1, 2, 3 の 3 つで 1 セットとなっています。通常 2 日間のトレーニングで、概要は以下の通りです。

●Part 1:1 日目(約 7.5 時間)
フォニックス、シンセティック・フォニックス、ジョリーフォニックスとは何か?
日本の小学校での国語の指導と比較しながら、また日本語と英語の構造を比較しながら、英語の読み書き指導について理解していきます。
その上で、ジョリーフォニックスの指導法の最初の 1/3 の部分にあたる『基本の 42 の文字(綴り)の音』について学習します。

※ご興味がある方はどなたでもご参加いただけます。
英語指導経験の有無、英語の得意・苦手、発音の上手・下手など一切不問です。

●Part 2:2 日目午前(約 3.75 時間)
ジョリーフォニックスの残り 2/3 の部分となる『同音異綴り』『ひっかけ単語』の指導内容・指導方法について学びます。
また、ジョリーフォニックス学習の進行度合いに応じた『身につけたフォニックスの技能で自分で読める本』を紹介し、その使い方も学んでいきます。
このセッションでは中学・高校で英語の綴りが習得できない生徒への支援方法のヒントが得られるセッションでもあります。
Part 1+Part 2 まででジョリーフォニックスでの指導の全体像が(机上で)把握できることになります。

※山下桂世子の「ジョリーフォニックス総合トレーニング」Part 1 を受講済みの方のみご参加いただけます。

●Part 3:2 日目午後(約 3.5 時間)
Part 1, 2 ともに「わかったつもり」になる方がとても多いのですが、ここで「つもり」をなくしましょう。
ジョリーフォニックスの特徴の「多感覚」「体系的」「子ども主体」。
これらを実際のレッスンにどう取り入れていくのか、ほんとうの意味は何なのか
トレーナー自身が実際に公立小学校に導入を行った際のビデオを見ながら、レッスンの流れを再確認します。
その上で、実際に指導案を作成→プチレッスンの実施→フィードバックの実行という一連の実技を通じ、体験から具体的に学びます。
また、さまざまな子どもたち、特別な支援が必要な子どもたちの事例などを通じ、

– ジョリーフォニックスの効果的な指導に「多感覚」がなぜ重要&必要なのか

– なぜクラスの中のいわゆる「できない子」にも有効なのか

– そもそも「サポート」とは一体何なのか

そういったことを深く理解していきます。
ここでジョリーフォニックスの特徴の意味が納得いただけるものと思います。

※山下桂世子の「ジョリーフォニックス総合トレーニング」Part 1,2 を受講済みの方のみご参加いただけます。

トレーニングには 2 回以上繰り返し参加くださっているリピート参加の方も毎回たくさんいらっしゃいますので、休憩時間にはそういった方からのお話も聞けるのも魅力だと思います。

 

どんな順番で受講すればいい?

【初めてのご参加の方】
Part 1, Part 2, Part 3 の順でご参加ください。
ただし、個別のセッションをバラでご参加ということではなく 3 セッション通しでのご参加を強くお薦めしています。

どうしても時間が都合がつかない場合にはまず Part 1、その次に時間がとれたときに Part 2、さらに時間がとれたときに Part 3 と順に受講されることも可能ですが、こちらはあまりお薦めできません。これは当トレーニングが、毎回ご参加いただいたみなさまからのフィードバックなどを元にどんどんと改善・改良されていて、今回と次回の内容が少しずつ変わり(進化し)続けているからです。

【二回目以降のご参加の方】
ご参加になりたいパートのみお申し込みいただけます。

●初回のご参加でご理解いただけなかった点がある

●もう一回受けてもっとしっかり深く理解・復習したい

●新たな気づきを得たい

●自分が気づかなかった部分や誤解した部分がないか確認したい

など目的はさまざまです。リピート参加の大幅値引きもありますので、是非とも繰り返しご参加いただき、ジョリーフォニックス、シンセティック・フォニックス、フォニックスのご理解を深めていただきたいと思います。

ただし、二回目のご参加は再度 Part 1, 2, 3 を通しで受講されることを強くお勧めしています。これまでの受講者の多くの方からも、二回目の受講で得られた部分が本当に大きかった旨のお声をいただいています。このトレーニングで「わかったつもり」をなくすには最低二回のご参加が必要ともおっしゃる方も多数いらっしゃいますので、ご参考になればと思います。

 

募集開始はいつ、どこで分かる?

山下桂世子の各種セミナーの情報は当ホームページ内の「イベントカレンダー」のページですべてご確認いただけます。また Facebook の「山下桂世子セミナー」のページでも募集開始のお知らせなどを公示しています。

イベントカレンダー:http://kayokoyamashita.com/events
上のほうの「確定済みイベント」では公示済みの各種セミナーが、下のほうの「計画中イベント」ではまだ公示に至っていない今後の予定が、それぞれ確認できます。

山下桂世子の「ジョリーフォニックス総合トレーニング」「ジョリーグラマートレーニング」は通常、開催日の 2~4 ヶ月前くらいを目処に準備が整い次第このページに公示され、お申し込み受付が開始されることになります。また、それ以外のワークショップや研修会などにつきましても、確定次第できるだけ早い段階で公示されるようになっています。

山下桂世子セミナー:https://www.facebook.com/yamashitakayokoseminar/
こちらのページでも募集開始のお知らせなどを公示していますので、ご利用ください。

募集開始を見逃さないためには、こんな方法があるそうです!

1) 自分の目と情報収集能力と運に自信のある方:
上記「イベントカレンダー」や「山下桂世子セミナー」のページを定期的に確認してください。見逃さないように、頻繁に、丁寧に。

2) 自信はないので、誰かになんとかしてもらいたい方:
上記 1) で対応してくれるお友達にお願いしてください。

3) 自信はないけど、自力でなんとかしてみたい方:
ウェブページの更新をメールで知らせてくれるような機能、例えばウェブチェッカー(http://webchecker.biz/)のようなものを使いましょう。指定したウェブサイトの内容が更新されたときに、自動で指定したメールアドレスにメールが送られてくる機能です。これならば、更新情報を見逃す確率はぐっと減ります。(使用方法は簡単ですが、こういった外部の機能の動作は保証いたしかねます。ご自身の責任でご利用ください。)

ご参考までにウェブチェッカーの使い方(2018 年 1 月現在):やってみると意外と簡単です。

ユーザー登録 1

ユーザー登録 2

ユーザー登録 3

ユーザー登録 4

ユーザー登録 5

 

設定 1

設定 2

設定 3

設定 4

設定 5

 

メール受信

 

退会手続き 1

退会手続き 2

退会手続き 3

Top