【香港】Effective teaching of Jolly Phonics to the children with SEN

香港に拠点を置く Sunflowers さんとの共催となります。
5日間にわたるジョリーフォニックスとジョリーグラマーのトレーニングのちょうど中日、12月21日に6時間のジョリーフォニックスと特別支援教育についてのトレーニングを担当させていただくこととなりました。
残り4日間のレーニングの内容に関してはこちらをご覧ください。 Training in Hong Kong

●発達障害
 ASD、SpLD、ADHDなど発達障害について簡単に触れます。
●ジョリーフォニックスの特徴
 ジョリーフォニックスの特徴について、なぜこれが特別な支援が必要な子どもたちにいいのかを例を挙げながら見ていきます。
●多感覚とは
 ジョリーフォニックスが謳っている「多感覚 (multisensory)」とは何なのか、それをどのように効果的に用いていくのか考えます。
●支援の仕方
 具体的に、どんなふうにジョリーフォニックスを教えていくのか、授業例を挙げていきます。
●教師として
 特別な支援が必要な子どもが教室にいたら、どんな支援ができるのか考えます。

こちらのトレーニングはすべて英語で行われます。
わざわざ日本から香港まで行かれる方はいらっしゃらないかと思いますが、一応、お知らせまで。

【カテゴリ:】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top