Currently browsing category

つぶやき

とある小学 6 年生の児童

 小学 6 年生のこの時期というのは、非常に脆い時期です。すでに思春期に突入している子どももいれば、まだまだ幼い子もいます。でも、共通して「中学」への期待と不安、「卒業」への悲しみと誇り、そしてなんとなく大人への第一歩の …

英語以上に、子どものときに習得すべき大切なこと

国際人としての・・・ 世界で通用する人材の・・・ 最近、よく目にするキャッチコピーです。 多くの人が、英語ができれば「国際人」としてやっていけると思っているような感じを受けます。確かに、英語ができれば、ほかの国の人とも話 …

『世界一本を読む国』・・・本を読む基礎づくりの重要性

先日、3月11日に日本テレビ「世界番付」で、私の名前が出ます~という紹介をしましたが、少しだけですが出ていました(笑)。私はイギリスに住んでいて、おまけに家にテレビがないのでその映像は見ていませんが、イギリス在住方が日本 …

3月11日『世界番付』で私の名前が登場します~。

突然ですが! 2016 年 3 月 11 日(金)夜 7 時 56 分から日本テレビ系列で放送される日本テレビ『世界番付』で、「イギリスの本」について、番組の最初で放送されるそうです。 それに、写真 3 枚と情報提供させ …

「人間、誰もがいずれは障がい者」

<今日は、イギリスの学校ともジョリーフォニックスとも関係のないお話です。> 私の専門は「Special Needs Education 特別支援教育」です。(ジョリーフォニックスのトレーナーをしているので、よく「英語が専 …

明日からジョリーフォニックストレーニング、始まります!

今、ヒースロー空港に到着しました。ラッキーなことに、なぜかラウンジを使ってもいいと言われ、長旅の前にくつろいでいます! 日本に到着したらすぐ、その足でミーティング。小中一貫に加え、幼稚園でもジョリーフォニックスを導入した …

イギリス人のお母さんにもフォニックスを教える!

私が勤める学校では、英語を母国語としない親御さんへのサポートもいろいろ行っています。reception (4-5歳児) の子どもたちには、お家でちゃんとフォニックスのサポートをしてもらえるように、親御さんたちにも正しいシ …

発音はアメリカ英語?イギリス英語?

私のところにくださる質問で多いのが、 ジョリーフォニックスを教えるのに、アメリカ英語かイギリス英語かどちらの方がいいですか? という質問です。 今回は、ジョリーフォニックス教材に関しては触れずに、まずはアメリカ英語とイギ …

英語の Colloquialisms

Colloquialisms というのは「口語的表現」という意味で、話し言葉に使われる英語のことです。今まで slang(スラング)との違いがいまいちよくわかりませんでしたが、スラングは「俗語」であり、colloquia …

「相手を尊重して話す」ということ

昨年度、私が勤務している学校で英語を母国語としない親たちにフォニックスのレッスンを週に1回ずつ、2グループに教えていました。ハンガリー、インド、パキスタン、ブルガリア、ポーランド、トルコなどから渡英してきたお母さんばかり …

5歳からの義務教育:イギリスは5歳から義務教育

「義務教育5歳から」検討 再生会議、実現には壁 2014/6/5 1:42 記事保存 政府の教育再生実行会議が「6・3・3・4」制の学制改革に関する提言に向け、素案をまとめたことが4日、関係者への取材で分かった。義務教育 …

日経DUALで紹介していただきました。

2014年5月16日の日経DUALで、Jolly Phonics と私のことを紹介していただきました。・・・と言っても特集とかではありませんが(笑)。 お子様を連れてバンコクにご主人の海外赴任になった藤村美里さんという方 …

10月26日にコメントをくださったケンままさんへ

10月26日に こんにちは。近くイギリスマンチェスター駐在になりそうです。子どもが現在小6と小2です。現地校へ行くことになるのでいま、色々と検索をしていてこのブログにたどり着きました。 ジョリーフォニックスのことを知り、 …

ブログ村に「フォニックス」のカテゴリーが登場!

ブログ村の「英語ブログ」のカテゴリ―に新しく 「フォニックス」 が新設されました。 2月に「新設お願いします!」とお願いしたところ、こうして新しくフォニックスのカテゴリーを作っていただけました。ありがたいことです。 日本 …

初めての翻訳:Jolly Phonics 保護者/教師用ガイド

11月に「大阪市の英語教育においしい話」として、大阪市でぜひJolly Phonics を使ってください!とお願いメールをした後、回答をいただいたお話もしました。この4月からフォニックス指導も始まったようですね (残念な …

完走しました

先日、「チャリティーマラソンをします」とつぶやきましたが、今日はその結果報告です。 東日本大震災で親を失くし、施設で暮らす子どもたちへのチャリティーランで 10km を走ると宣言した私。実は、先週1週間、喉の調子が悪く、 …

来週、チャリティーマラソンをします。

*今日のブログは、イギリスの学校に全く関係ない個人のつぶやきです。* 3月11日に東日本大震災からちょうど丸2年を迎えます。まだまだ被災地の復興が進んでいないというニュースを聞くたびに、被災された方のことを思うと、何とか …

大阪市の英語教育においしい話!

 Jolly Learning 社の社長ジョリー氏をお迎えしてのフォニックスセミナー。実は、このときにジョリー氏といろいろ話をする機会があってので、大阪市教育計画案でフォニックスを大阪市が導入することも話をしました。   …

教育講演会:自尊感情

「self-esteem (セルフエスティーム)」という言葉、今までに聞いたことはありますか? 日本語に訳すと自尊感情、自尊心、自負心などど訳されるそうです。私がこの言葉を知ったのは2年前の大学院で勉強していた時です。( …

教育講演会:褒める

前回、教育講演会で怒ると叱るの違いについて講演したよ~と書きましたが、今日はその続き。 そもそも、この講演会の目的は 日本とイギリスの学校の違い についてのお話をするためのものだったのです。 このブログを読んでくださって …

「フォニックス基本の音」を音声付に更新しました

今までフォニックスの音の紹介では、私の拙いイラストで紹介していましたが、当ブログはJolly Learning社公認のフォニックスブログとして認定されたため、現在、フォニックスのページを Jolly Phonics のイ …

教育講演会:怒ると叱る

先日、私が住んでいる地域で日本人のお母様方を対象に教育講演会をさせていただきました。 内容は「日本とイギリスの学校の違い」を主にして、そこから褒めることの重要性や子どもの自尊感情へと話を発展させていきました。参加してくだ …

私がイギリスの学校で働くまで

気が付くと渡英して14年。今勤務している学校で働き始めて8年になります。 最初、私が得た仕事は pre-school (プリスクール:保育所) のアシスタント。最初は週3日ほどボランティアをさせてもらい、気が付いたら働い …

Jolly Phonics の公式紹介ブログになりました!

先日の「Jolly Phonics を日本で広げたい!」という思いが高じて、勢いで Jolly Learning Ltd. の会社にメールを送ってしまいました! (笑)。 そうしたらなんと!すぐにクリスさんという方から返 …

みなさまのご意見をよろしくお願いします!

只今、こちらの「イギリスの学校」ブログをより分かりやすいものにしようと検討中。レイアウトの変更だけでなく、カテゴリーの分類も変えようと考えています。 私自身、日本・イギリスの両国の小学校で働くという貴重な体験をしています …

声を大にして・・・フォニックスは素晴らしい!

↓この記事、7月に書いたままずっと温存していました (笑)。よかったら読んでください。 日本ではまだまだ馴染みのないフォニックス。 このブログでも紹介していますが、私自身、教えている子どもたちや自分の経験から、日本人には …

Top