Tricky words (ひっかけ単語)が覚えられないときには・・・

シンセティック・フォニックスでは、英語の音(42個)にそれぞれ文字を一つずつ教えていきます。イという音には i、イーという音には ee というように。すると、ある程度の単語が読み書きできるようになってきます。(もちろん、この段階では「シー」と聞いても、see なのか sea なのかどちらの綴りが正しいかはまだわからないのですが、きちんと段階を踏んで教えていきます。)

42の文字と音を学んだあとは、Tricky words(ひっかけ単語)を何個か学習していきます。the, he, she, was などのようにフォニックスの知識では読めない単語のことをTricky wordsというのですが、ジョリーフォニックスでは、これを教える際も、どこにひっかからないようにするのかを子どもたちに教えていきます。子どもたちは何度も練習を重ねるうちに、たいてい、読み書きができるようになっていきますが、なかにはなかなかこのTricky words の読み書きができない・・という子もいます。

私が見ている子どもの中にもディスレクシアではないけれど、その傾向があるというこどもが平均して一クラスに2-3人くらいいます(イギリスの学校で)。
この子達は、幸いなことに「文字の音と綴りの関係」を最初の段階でしっかりと学んでいるため、簡単な単語の読み書きができるようになります。いきなり、「暗記」を強いられたら、この子達は英語を読み書きできないまま卒業していくのでは・・・と想像しただけでも怖いです。(日本からの問い合わせで多いのがこうした問題を抱えているお子さんのお母さまからなんです。中学校に入ってから、英語が全く覚えられずに、できなくなってしまった・・というお子さんの多いこと!まずはシンセティック・フォニックスでしっかりとひらがなを学ぶように一文字ごとの音をしっかりと学んでいたら、こうならないのに・・・と感じます。でも、気が付いた時点でいいので、シンセティック・フォニックスを学んでみてください!)

話がずれましたが、ディスレクシアを持っている、またはその傾向がある子どもたちは、自分の力でフォニックスの知識を使って簡単な単語が読み書きできるようになっていきます。しかし、難しいのがTricky words。私が教えていくときには、「丸暗記」ではなく、その子に合った覚えやすい方法をいろいろと考えて、提示していきます。子どもによっていろんな方法で学んでいくので、この方法がすべての子どもにいいというわけではありませんが、一例を紹介したいと思います。
例)
・should, could, would が覚えられない⇒sh-ou-l-d, c-ou-l-d, w-ou-l-d と単語を分解して似た仲間同士で覚える。これは、ジョリーフォニックスでは ou を一つのかたまりで覚えるため、イメージしやすいからだそうです。
・down という綴りが覚えられない⇒音だけを聞くと d-ou-n となるから。(「アウ」という文字は ou で最初覚えるため。)そこで、この子に、下に降りていく階段をイメージしてもらいました。階段の段差をイラストに描いてみせたところ、その形が w を斜めにした形に似ているから、d-ou-n ではなく、d-ow-n とw を入れて覚えられる!と納得していました。
・four という綴りが覚えられない⇒four は4。つまり、文字も4つ要ることを先に理解しておく。次に、発音が同じ for はすでに読み書きできるので、これを4文字にするために u を入れて、four にするということで、先にforを書いて、後から、u を r の前に書くようにしてみたら、間違えずに書けるようになりました。four は 4 という知識の活用と、for you! という語呂で覚えていましたね。

ここで紹介したのは一例ですが、私が昔「親」という漢字を「の上にってている」(金八先生で言っていた!)と覚えたり、「頭」を「一、口、ソ、一、一、ノ、目、ハ」と覚えたりしたのと似ているなぁと感じます(これは、on dyslexia のもじこさんが紹介している道村式漢字カードと似ている?)。知っている部分をつなぎ合わせて一つにする。これは英語でも算数でも国語でも同じこと。やはり基礎⇒応用となるんですよね。
こうやって書いていると、やはりシンセティック・フォニックスで教えることでかなりの子どもたちが自分で読み書きができるようになると再認識しました!

*英語の音は本当はカタカナ表記しない方がいいのですが、便宜上、ここでは一番近い音で書いています。

【カテゴリ:リーティング・ライティング・文法・単語】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top