11月11日戦没者追悼記念日 Remembrance Day

11月11日戦没者追悼記念日 Remembrance Day

1918年11月11日は、第一次世界大戦の終戦日。この日をこの戦争だけでなく、多くの戦争で命を落とした方への哀悼の意を捧げる「戦没者追悼記念日」となっています。
街中でも赤いポピーを胸につけている人をたくさん見かけることと思います。このポピー、戦争で命を落とした人たちを忘れない、というシンボルだそうです。第一次世界大戦では、現在のベルギーにあるフランダース地方も大きな戦場のひとつとなり、その地でたくさんの兵士が命を落としました。終戦後、その場所に真っ赤なポピーが咲き乱れました。まるで血を流して命を落としていった兵士のそれのように・・・。そこで赤いポピーが戦争で犠牲になった方を忘れないシンボルとなったそうです。
イギリス中の学校でも11月11日11時に、全校で黙祷を捧げます。

さて、今年は第一次世界大戦開始(1914年)からちょうど100年ということで、ロンドン塔では、セラミック製の888,246本の赤いポピーが飾られています。この数は戦死した兵士の数だそうです。
poppies
poppies3
poppies2
【写真 mail online より拝借】

ちなみにこちらのポピーはこの後、売りに出されるそうで、その収益金がチャリティーへと寄付されるとのこと。興味のある方は Tower of London まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top