東京でもジョリーフォニックス実践編を開催

ジョリーフォニックストレーニングですが、私は基礎編と実践編の二種類を実施しています。

基礎編は名前の通り、シンセティック・フォニックスとジョリーフォニックスの大切なポイントを押さえる基礎。これで、ジョリーフォニックスの基本の音と文字、アクションも学べるのですが、実際、授業で教えられるようになるか、というと、みなさんに体得していただく時間が足りないのです。そこで、実践編として、

・指導案作り
・デモ授業
・同音異綴り(Alternative spellings)の子どもへの教え方
・アセスメント
・授業で使える教材

を行います。実践編に参加してくださった方は、

・とても有意義な時間でした。自分の知識と経験が足りないので吸収するのがやっとでしたが、復習して少しでも身につけたいです。
・指導案づくりなど実際にデモをやって自分ができいない部分を認識できたと思いました。
・日本の子供に合った展開方法がもっと必要だと感じました。
・やりはじめないとわからないことが多いかもしれませんが、生徒を育てる、育てつづけるには、見通しがわかりやすい方がありがたい。
・勉強になりました。Tricky wordsなど、どうやって教えるの??と思っていたので、すっきりしました。
・2回のトレーニングはとっても内容が濃くて、刺激を頂きました。それでもまだまだ私にとっても充分ではないと感じています。Webサイト等でトレーニングができたり、教材の情報が見られるサイトを増やして頂きたいです。
・内容のとても濃い満足のいくものでした。実際にレッスンを始めたものの、これでいいものかと不安に思っている部分もあり、今回トレーニングに参加させて頂き、自信が少しついたように思います。山下先生の楽しいレッスンもとてもいい刺激になりました。

とおっしゃっています。
今回の実践編はこうしたフィードバックを基にして、昨年10月に名古屋で開催したものと内容を少し変えて、開催します。

東京では人数を8名に制限して、開催します。詳細は右側にあるUpcoming Events で8月17日(日)の欄をご覧ください。7月中申し込み(また私のコースに以前参加してくださった方)なら受講費も15,000円です。8月申し込みになると18,000円になりますので、どうしようかな・・・と思われたら、お早目にお申し込みください。申し込み先はYamatalk Englishさんです。みなさんのお申し込みをお待ちしております!

実際に授業案を作っているところです。真剣です!

実際に授業案を作っているところです。真剣です!

デモ授業。二人ペアでデモを行いました。

デモ授業。二人ペアでデモを行いました。

同音異綴りの教室掲示の例。

同音異綴りの教室掲示の例。

 

 

 

 

 

【カテゴリ:シンセティック・フォニックス ブログ】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top