2014年夏のトレーニングとワークショップ、そして復興支援活動

2014年夏 ジョリーフォニックス トレーニング・ワークショップのお知らせ」でもお知らせしましたが、詳細がほぼ決定いたしましたので、右欄にある Upcoming Events をご覧ください。
ただし、こちらは10件までしか表示されませんので、View Calendar をクリックし、表示された画面の真ん中あたりにある印刷アイコンの右に表示されている > をクリックしていただくと、8月3日以降のトレーニングやワークショップもご覧いただけます。

*ジョリーフォニックストレーニング@東京は残席僅かです。告知して約2週間でほぼ満席!お申込み、ありがとうございます。次回のトレーニングは冬休みになります。

 

20140412_163737_DSC_1650_COOLPIX A_

2014年春のジョリーフォニックストレーニング@名古屋

日本でトレーニングを開始して一年となります。トレーニングを受けてくださった方から、子どもたちが意欲的に読み書きに取り組むようになったというお話や、勉強が苦手で特別な支援が必要な中学生にジョリーフォニックスを教えたら、生き生きして、学校の英語クラブに入りたい!というくらい、読み書きに自信を持てるようになったという、感動するお話など、いろいろな経験をメールでいただきます。

しかし、それと同時に、
・どこまで単語を教えたらいいのか
・音が聞き取れない子どもにどうやって指導したらいいのか
・子どもが楽しめるような教材はないか
などなどいろいろな相談や悩みもいただくようになりました。

私自身、こうしたみなさんの声を聞いていて、きっとジョリーフォニックスを教えている人は多かれ少なかれ似たような悩みを持っているはず!と感じ(私もそうでしたから)、そうした思いをみんなでシェアできたらいいな、と思い、今回は先生用のワークショップを名古屋(7月25日)と東京(7月28日)で開くことにしました。
そして、私の専門でもある特別な支援が必要な子どもたちにどうやって文字指導を定着させていったらいいのか、どんな教材で教えていったらいいのか・・という特別支援教育とジョリーフォニックスについても東京(7月28日)と名古屋(8月11日)で開催いたします。私もみなさんと一緒に悩みを考えていきたいと思っています。ぜひ、ご参加くださいね。

また、名古屋では子どものためのワークショップとして、文字の習得度別にグループ勉強会を開催します(7月25日、8月1日)。いつもはお家でお母さんと勉強している子も、夏休みに似た環境にいる仲間と一緒に勉強したりゲームをしたりして、どれくらい文字の習得ができているかを自分で確かめ、またこうした活動を通して、今後のフォニックスの勉強へのステップになったらいいな、と思っています。そして、このワークショップの後は、お家で教えているお母さんやお父さんのためのワークショップも開催します。お家で教えていて悩んだことやうまくいったことなど、みんなの声をシェアしあえたらいいな、と思っています

あと・・・福島と宮城で復興支援の一つとして、ジョリーフォニックスを教えていきたいと考えており、少しずつですが、動いています。具体的には子どもたちに無償でいくつかの文字を指導したいと思っています。ただし、一回で教えられる文字の数は限られているので、この後、子どもたちにジョリーフォニックスを教えていきたいと思われる方のトレーニング支援をしたいと考えています(こちらは有料ですが、部屋代などが賄える分をいただけたら・・・と思っています)。
しかし、個人の力ではなかなか難しいというのも現状。そこで、私のこの活動に賛同し、お手伝いをしていただける方がいらっしゃったら、ぜひご連絡ください。よろしくお願いします。(例:場所の提供、宣伝のお手伝いなどなど。特に場所を提供してくださる方がいらっしゃれば、トレーニングもぐっとコストを抑えられます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top