Jolly Phonics を web lesson で- b-

私が日本にいる間に、直接ジョリーフォニックスを教えていこうと思っていたにも関わらず、結局、一回もレッスンが出来ずじまいでした。イギリスへ戻ってきて、再びスカイプでのレッスン再開です。
8月16日(15回目)
復習
フラッシュカードを使って、既習の文字と音を復習。親子ワークショップで自信をつけたため、いいテンポで読んでいきます。
最初の頃問題だった s や p の音も改善されています。
文字と音とアクションの導入:b
公園を散歩しているおばあちゃんと赤ちゃん。そして、野球を楽しむ子どもたち。ボールを打つときに上手に打てず、「b, b, b」と変な音がしてしまいます。
バットを振るマネをしながらの音です。
文字の練習
Pupil Book 1 を使って、b を書く練習します。1つ1つ書くときには、必ず b という音を言っていきます。
聞く練習
Pupil Book 1 の4つのイラストを見て、ひとつだけ b の音を含まない単語にXをつけます。ささっとできるようになりました。
読む練習
Pupil Book 1 の単語を見て、読んでいきます。1つ1つの文字を読み上げて、それをくっつけるのですが、crab という単語もさらっと読めました。
これで、finger Phonics 1~3、合計18の文字と音が終了です。本来なら、ここでこの18個の文字を使って、復習をどんどんしていきます。というのは、次の4冊目から2つの文字で一つの音を成すダイグラフが、次々に登場するため、その前に今まで習った文字と音できちんと読み書きができるようにするためです。
次回は、このお家でできる練習をご紹介します。

【カテゴリ:シンセティック・フォニックス】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top