Golden Time:ゴールデンタイム

イギリスの学校らしいな~と思うことの一つに、毎週金曜日の午後は Golden Time (ゴールデンタイム) という時間がどの学校でも設けられているということ。この呼び名は学校によって違いますが、要は「一週間よくがんばったから、ご褒美に遊びましょうね」という時間のことです。
ほとんどの学校では、子どもたちに何をして遊びたいかを選ばせます。もちろん、あらかじめ先生が遊ぶものを用意しておき、そこから選ぶこともあります。
一例として
・レゴ
・パズル
オクトンズ
・ぬりえ
などなど
そして天気が良ければ外に出て、みんなでボール遊びをすることもあります。
また、最近の学校では DS があって、子どもたちが学校で遊んでいる様子を見ると、なんだか不思議な感じ。
学年が上がると、コンピューターを使ったり、quiet zone (静かにする場所) が設けられて読書をしたりすることもあります。
一週間がんばったね、というご褒美があるから、子どもたちも勉強してよかった~と思えるようです。
ただし、いたずらをしたり、悪いことをしたり、約束を守らなかったりした子どもたちには、こうした時間は削除されます。みんなが遊んでいるのを横目に勉強したり、反省させられたりします。
飴と鞭の使い分け。
イギリスだな~と感じます。

【カテゴリ:一日の流れ】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top