大阪市教育委員会からの回答

11 月 20 日の「大阪市の英語教育においしい話!」で、大阪市教育委員会にメールした、というところまで書きました。ようやく、11 月 29 日に大阪市教育委員会から回答が来ました。

本市では現在、本市の教育振興のための施策に関する基本的な計画(教育振興基本計画)の策定を進めているところです。

さきにお寄せいただきました小学校フォニックス教材については、本計画の策定後に必要に応じ参考にさせていただきます。

今後とも、市民をはじめ多くの皆様のグローバル化する社会に対応できる人材育成につなげるため、さらに充実した英語教育の取り組みについて検討してまいります。

“本計画の 策定後 に必要に応じ参考にさせていただきます”

もし興味があれば、”計画をする段階でどのように教材を使っていくか話を聞かせて欲しい” など・・・という方向にいくと思うのですが、策定後に必要に応じ参考に・・ ということは、残念ながら Jolly Phonics のおいしい話はいらないということなんでしょうね。

残念。

でもね、うれしかったのが、大阪に住んでみえる方が知り合いの方に連絡してくださったり、お子さんが通う学校の先生にお話をしてくださったりしてくださった方がいらっしゃったこと。このブログを見て、そんなふうに実際に動いてくださる方がいらっしゃったことに感動しました。ありがとうございます!

以上、大阪市の英語教育においしい話の続報でした。

【全記事】ナビゲーション
【カテゴリ:日本の公立学校でのジョリーフォニックス】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top