大阪市の英語教育においしい話!

 Jolly Learning 社の社長ジョリー氏をお迎えしてのフォニックスセミナー。実は、このときにジョリー氏といろいろ話をする機会があってので、大阪市教育計画案でフォニックスを大阪市が導入することも話をしました。
 そうしたら、ジョリー氏、大阪市のその取り組みに非常に感心され、
「大阪市は素晴らしい。だったら、わが社の教材を大阪市の小学校5~6校に無料で寄贈して (もちろん、使ってもらうことを前提に)、必要であれば先生のフォニックスのトレーニングのためにイギリスから人材を派遣することもできる!私も大阪市に赴いてフォニックスについてのセミナーを開きたい。そう、大阪市長に伝えてほしい。」
と強い関心を示されたのです。
 ・・・大阪市長に伝えてほしいって・・・私、一教員でしかないし、そんなつてもコネもどこにもないんですが (苦笑)。そもそも橋下市長、おいそがしくて、それどころじゃないでしょ。
でも、冗談は抜きにしてこの素晴らしい教材が無料というおいしい話、どうにかして大阪市に届けたいものです。このブログを読んでみえる方で、大阪市の教育委員会に知り合いがいる!小学校で英語を教えている先生を知っている!なんて方がいらっしゃったら、ぜひぜひこのおいしいお話をしていただきたいと思います。よろしくお願いします!(一応、大阪市教育委員会にメールはしました。)
しかし、これが実現したとしたら、すごいことですよね。何がって、大阪市で子どもたちが話す英語がクイーンズイングリッシュ (女王が話す上品な英語) になるということ。興味津々です (笑)。

【カテゴリ:つぶやき】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top