ガイ・フォークスの日

ガイ・フォークスの日

イギリスに引っ越してきたばかりの人にしてみると、なぜ11月のこの時期に花火があちこちで打ち上げられるのか不思議だと思います。
その理由は・・・
11月5日がガイ・フォークスの日だからなのです。ガイ・フォークスとは・・・
歴史をさかのぼること1605年11月5日。
当時の国王ジェームズ1世に反発するカトリック教徒が、ジェームズ1世を爆発による暗殺 (「Gunpowder plot:火薬陰謀事件」) を企みました。結局は、この暗殺が事前に食い止められ、ガイ・フォークスが実行当事者 (首謀者はロバート・ケイツビー) として11月5日に捕まります (後に処刑される)。
その後、事前に暗殺を阻止できたお祝いとしてガイ・フォークスに見立てた人形を作って、町中を引きまわし夜になって燃やすという習慣が生まれました。今では、人形を燃やす習慣はあまり見られなくなったそうですが、この日は爆竹や花火が打ち上げられます。
10月終わりのハロウィーン前くらいから、花火がスーパーでも売られるようになります。イギリスでは花火と言えば晩秋のものなのです。

【全記事】ナビゲーション
【カテゴリ:一年の流れと年間行事】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top