不規則な綴りを覚えるためのサイト

英語には irregular words (イレギュラー ワーズ:不規則単語) または tricky words (トリッキーワーズ:ひっかけ単語) と言われるものがたくさんあります。
例えば、was・・・これはフォニックスで言うならば ワス と発音するはずですが、実際には ウォズ と読みます。
to は ではなく、トゥ と読むし、you は ユー。said は セッドゥ と読むなど、普段よく使う単語ほど不規則な綴りで、本当にややこしい。
イギリスの学校ではこうした不規則な単語に関しては
Look, Say, Cover, Write & Check (見て、読んで、隠して、書いて、確認) という方法でスペルを覚えるようにいいます。(日本ではひたすら書いて覚えますね、確か。)
今日はこんな単語を覚えるためのサイトを紹介します。
Doorway Speller
enter から入ると8つのカテゴリーが表示されます。それぞれ自分にあったレベルを選ぶと、そのレベルで学習する10個前後の単語が表示されます。そこから practice をクリックして、次のページに表示される go をクリックすると一つずつ単語が出てきますので、その単語を見て、読んで、そしてタイプするという練習サイト。
レベルDにもなると、Key Stage 2 の子どもたちが習う単語になります。
とてもよくできたサイトですが、スコットランドのカウンシルが制作しただけあって、町の名前が全てスコットランドです (笑)。私も綴りがわからない地名がたくさんありましたよ~。

【カテゴリ:英語の教材、サイト】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top