王族・貴族の称号

今回は 王族や貴族の称号について。 

英語 発音 日本語
king キング
queen クイーン 女王
prince プリンス 王子、王家の男子
princess プリンセス 王女、王妃、皇族の女子
duke デューク 公爵
duchess ダッチェス 公爵夫人・女公爵
marquis マークィス 侯爵
marchioness マーシャネス 侯爵夫人
earl アール 伯爵
countess カウンテス 伯爵夫人
viscount ヴァイカウントゥ 子爵
viscountess ヴァイカウンテス 子爵夫人

今日、なぜこれを紹介したかと言うと、実は、これ、今日、私が仕事で行った学校のYear 5 の授業で使っていたからなんです。私、上から6段目の Duchess までしか知りませんでしたよ。なので、今日は辞書を引きながら、子どものサポートをしていました (苦笑)。
驚いたのは、イギリス人の子どもの中で10人くらいの子は “viscount” という言葉を知っていたんです。こういう子は本をたくさん読んでいるのかな? (Year 5 というと日本の小学4~5年生。)
一体、誰にどの称号が与えられているのか分からないのですが、Wikipedia を見てみると、確かに、全ての称号が王族関係の方に使われています。こちらをご覧ください。
Wikipedia British Royal Family

earl と聞いて、紅茶の Earl Grey (紅茶のアールグレイ)  を思い浮かべる方も多いかと思います (私もその一人!)。
Earl Grey =グレイ伯爵 なんですね。何でもグレイ伯爵が気に入ったとか、考案したとか、話はあるようですが、事実はわからないそうです。結構、身近なところで爵位を見かけます。
ちなみに、英語で日本の「県」にあたる単語は “county” 。ピンと来た人、いますか?上の表の countess (伯爵夫人) は、実はこの county からの派生語。イギリス以外の国では、伯爵を count と言うそうです。県にあたる部分を治めている伯爵=count だったことから、その県を county と言うようになったとか。


日本でも発売されているこの Duchy Originals のビスケット。
こちら、Duchy of Cornwall、つまりチャールズ皇太子が慈善事業の一環として立ちあげたブランドですね。ここにもDuchy=侯爵領ということばが使用されています。

【全記事】ナビゲーション
【カテゴリ:単語・会話集】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top