Diamond Jubilee その1

ただいまイギリスは、エリザベス女王の即位60周年をお祝いする Diamond Jubilee で盛り上がっています。(Diamond は60周年を意味し、Jubilee は記念祭、祝典を意味します。) 6月5日 (火) がその日に当たるため、本来なら5月28日 (月) の祝日を6月4日 (月) に移動し、6月2日から4日までを4連休としたイギリス。
各学校でも大いに盛り上がっていることと思います。もちろん、私が勤務する学校でも盛り上がりましたよ。(このときの写真をまたアップしますね~。)
6月5日のDiamond Jubilee (記念記念祭) 前に、少しずつ、このお祝いについて書いていきます。
まずはエリザベス女王について。
1926年4月21日、ロンドンにて誕生。
1936年、父ジョージ6世即位。
1947年、フィリップ皇太子と結婚。
1953年、ウェストミンスター寺院にて、戴冠式。エリザベス2世となる。
1992年、ウインザー城が火災。
エリザベス女王
(画像はWikipediaより拝借)
女王には4歳年下の妹、マーガレット王女がいます。
フィリップ皇太子との間には、チャールズ王子、アン王女、アンドルー王子、エドワード王子の4人の子どもがいます。
さて、イギリスに住んでいる人なら必ず目にするポスト。
120402133340_D75_3211.jpg
さぁ、このポストに必ずついている王冠とERのマーク。このER、一体、何のことでしょう?
Eは予想がつきますよね。そうです、Elizabeth E です。では、R は?
これは、Regina (レジーナ)、ラテン語で女王を意味する言葉の頭文字 R のことなのです。
ポスト以外にもこのマークはたくさんあるので、探してみるのも楽しいかも。

【カテゴリ:特別行事】ナビゲーション

haykichi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

Top