校内の場所その2

前回に引き続き、校内の場所について、その2です。

  • classroom (クラスルーム:教室)
    日本のような一人ずつの机やいすはありません。Year 1 以上だと大体 4~5 のグループに分かれてテーブルにつきます。
    DSC_0032教室
    これはFoundation (ファウンデーション:Year 1 の前の学年) の教室。
    テーブルは 3 つにわかれています。
    20051004_IMG_2366.jpg
    これは Year 2 の教室。
    右下にあるのが drawer (ドローワー:引き出し) です。
    日本のようなロッカーはなく、ここにはカバンを入れるくらいです。
  • cloakroom (クロークルーム:コートなどをかける場所、大体入り口付近にあります)
    学校によってはここにカバンをかけることも。
    DSCN0480.jpg
    ここに 60 人分のコートがかけられます。
    DSCN0524.jpg
    ランチボックスもここに置きます。
  • shared area (シェアードエリア:共有場所)
    学年ごとにこの場所があり、ここで個別に本を読んだり、図工を行ったり、グループ作業を行ったりします。水道や物置もあるため、多目的スペースみたいに使用されます。新しい学校だと水道も教室内にあり、このシェアードエリアがないところも多くなっているようです。
    DSC_0028.jpg
    Foundation のシェアードエリア。
    黄色のケースには砂、青色のケースには水が入っています。
    DSCN0517.jpg
    Year 2 のシェアードエリア。
    こうして個別に本を読むことが多いです。
  • library (ライブラリー:図書室)
    日本ほど大きくないです。利用する時間もクラスによって決められているため、自由に本を借りることはできません。
    DSCN0513.jpg
  • music room (ミュージックルーム:音楽室)
    日本のように個人個人にオルガンなどありません。普通の部屋に少し楽器が置いてある程度。学校によっては音楽室がないところも。
    DSC_0024.jpg
  • technology room (ICT room, computer room)(テクノロジーエリア:パソコン室)

学校よっては、以下の施設があったりします。

  • Kaleidoscope room (カレイドスコープルーム:直訳すると万華鏡室)
    この部屋は最近のイギリスのはやり。ちょっと薄暗くしてあり、気持ちをゆったりさせるセラピールームみたいな感じです。ここでは情緒教育を行います。
  • counseling room (カウンセリングルーム:相談室)

え?これだけ?と驚きませんか?理科室や図工室、家庭科室はないんですよ。もちろん、private school (プライベートスクール:私立の学校) へ行けばあるのかもしれませんが、state school (スティトスクール:公立の学校) では見かけたことがありません。(※注)
日本とは全く異なる設備。じゃ、理科の実験とか家庭科の勉強はどうするの?と疑問も生まれると思うのですが、これはまたの機会に。

※注:「public=公共」なので、ついつい公立学校を public school と言ってしまいそうですが、public school はイギリスでは通例、寄宿制の中高一貫の有名大学への進学を目指すエリート校になります。公立学校は state school (スティトスクール) と言います。

【カテゴリ:学校の設備と働く人】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top