Key Stageとは

イギリスの学校制度は大きく分けて
 ・Pre-school (プリ・スクール=就学前教育)
 ・Primary Education (プライマリー・エデュケーション=初等教育)
 ・Secondary Education (セカンダリー・エデュケーション=中等教育) 
 ・Further Education (ファーザー・エデュケーション=継続教育)
 ・Higher Education (ハイヤー・エデュケーション=高等教育)
の 5 段階に分かれます。

また、日本で小学校低学年、中学年、高学年・・・と区分するように、イギリスでは Key Stage (キーステージ) ということばを使って年齢別の段階を設けています。

 ・Key Stage 1 (キーステージ 1)
:5 歳から 7 歳までの児童=Year 1, 2
  (First School/Infant School:ファースト/インファント スクール) ⇒初等教育
 ・Key Stage 2 (キーステージ 2):7 歳から 11 歳までの児童=Year 3, 4, 5, 6
  (Middle School/Junior School:ミドル/ジュニア スクール) ⇒初等教育
 ・Key Stage 3 (キーステージ 3):11 歳から 14 歳までの生徒=Year 7, 8, 9
  (Secondary School:セカンダリー:スクール) ⇒中等教育
 ・Key Stage 4 (キーステージ 4):14 歳から 16 歳までの生徒=Year 10, 11
  (Secondary School:セカンダリースクール) ⇒中等教育
注:9 月 1 日生まれの児童がその学年で最年長となり、8 月 31 日生まれが最年少となります。そこで、満O歳で表されている場合は、該当する学年をその歳で迎える、という意味です。)

ここまでが義務教育と言うわけです。この後は Further Education と言い、大学へ行くために勉強する学校へ行きます。もちろん、ここへは行かず、そのまま就職する人もいます。

そして就学前教育として満 4 歳~5 歳の子どもは小学校に付属している Early Years (アーリー イヤーズ) で 1 年間勉強します。この学年、reception (レセプション) とも呼ばれ、その小学校に許可された最初の学年とみなされます。

【全記事】ナビゲーション
【カテゴリ:学校の種類としくみ】ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top